[PR]

 盛岡市清水町にある明治時代の邸宅「南昌荘(なんしょうそう)」で、磨き込まれた漆黒の床に庭園の木々の緑が映える「床緑(ゆかみどり)」が訪れる人を和ませている。6月末ごろまで楽しめそうという。

 約30畳の板の間「南昌の間」。庭に面した広いガラス戸いっぱいに、シダレカツラやモミジなどの緑が広がる。矢巾町から訪れた遠藤美知子さん(70)は「和の雰囲気が素敵でうっとりしたわ」。

 南昌荘は実業家の邸宅として1885年に建てられた。国の登録記念物で、市の保護庭園・景観重要建造物にも指定され、いわて生協が所有する。同生協の牧野典子さん(64)は「新型コロナウイルスで我慢の日々が続くが、静かな時間が流れるこの空間で、気分転換してもらえたら」と話す。

 開園は午前10時~午後5時、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら