[PR]

 第102回全国高校野球選手権大会と地方大会の中止を受け、長野県高野連は29日、松本市内で理事会を開き、県独自の大会を開催することを決めた。7月18日開幕を目指したいとしている。具体的な大会形式は今後検討する。

 県内では新たな感染者が2週間以上確認されておらず感染状況が落ち着いていることや、県立学校が6月1日から通常登校となることから、県高野連として独自の大会を開催できると判断した。軟式についても同様の開幕を目指す。

 大会は7月18日に開幕し、試合日を土・日・祝日とする予定。開会式は取りやめる。移動や宿泊には感染リスクが伴うため、まずは東信、北信、中信、南信ごとの地区大会を想定。無観客とするが、ベンチ外の部員の応援は認め、保護者については検討中という。県高野連の西條浩章会長は「なるべく多く試合できる機会をつくりたい」と話し、トーナメント制での開催を目指すとした。

 ただ、球場確保に加え、県教委…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら