[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う長期休校が、子どものインターネットやスマートフォンへの依存を生んでいないか。2人の専門家がビデオ会議システムで対談し、現状と課題について語り合いました。

 ――長期にわたった休校の影響をどう考えますか。

 竹内和雄・兵庫県立大准教授 これまで子どもたちは家や友達、部活動など、どこか居心地のよい場所があれば、ネットにのめり込むことを防げました。学校には合唱コンクールなど、子どもが活躍できる場もあります。しかし今回、子どもたちがそうした場の多くから切り離された。ネット依存を医学的視点でみる必要がある子どももいます。

 ――2017年度の厚生労働省…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら