[PR]

 埼玉県は30日、新型コロナウイルス感染後にいったん陰性になった40代の女性と60代の男性の計2人が再び陽性になったと発表した。また、さいたま市は同日、すでに感染を発表していた市内の50代の医療職男性について、東京都内で感染が確認されたため都の集計に含まれるとして市の累計からは除くと発表した。県内で確認された感染者は延べ1010人となった。

 県によると、女性は新座市在住で、院内感染が広がった同市の堀ノ内病院に勤務。22日に陰性となり退院したが、微熱などの症状が出たため再度検査を受け、29日に陽性が確認された。男性は、退院後に別件で手術を受ける際の検査で、再陽性がわかった。特に症状はないという。