[PR]

 新型コロナウイルスの影響による長期休校を経て、各地で学校が再開され、給食も始まりつつある。再び休校となって食材が無駄にならないか。どうすれば安全に食べられるか――。前例のない事態に、現場では模索が続いている。

 21日に学校が再開し、25日からは給食も始まった福岡市。にぎやかだった給食の風景は、様変わりした。

 26日昼、福岡市立春住(はるずみ)小学校。この日登校した3、5年生にとって、3カ月ぶりの給食だった。

 おかずを盛りつけるのは、給食当番ではなく先生だ。児童は間隔を空けて並び、自分の分だけ取って席に戻る。マスクをしたまま「いただきます」。そっとマスクを外し、みんな前を向いて黙々と食べ始めた。

教員は消毒や指導に忙殺

 ある女子児童は「おいしい」と笑顔を見せつつ、「静かで、どこ向いて食べていいか分かんない」。

 この日の献立は、がんもどきの…

この記事は有料会員記事です。残り1673文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1673文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1673文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら