[PR]

 1年前、一人の女性議員が初めての出産から3日後、議会に出席した。伊藤香織・山形市議(38)。新型コロナウイルス対策としても世界で広まる「オンライン議会」が認められていたなら、伊藤さんは車いすに乗って議場に向かう必要はなかった。

 ――伊藤さんは、妊娠9カ月だった昨年4月の市議選で4選。翌5月14日、第1子の男の子を産んだ。予定日より12日早かった。

 出産で万が一、議会に出席できなくなるかもしれないので、事前に調べたり話し合ったりしましたが、市議会単独でできることはないという結論に至りました。憲法の条文解釈も関わる難しい話で無理だべ、といった話でした。

 出産前日の夜、おなかが痛くなり、入院セットにはスーツや靴など仕事道具も詰めて病院に行きました。医師の勧めで、急きょ麻酔を打って帝王切開。朝5時ごろに生まれました。

 ――3日後には、正副議長を選出する、改選後初の臨時議会が控えていた。

 ずっと痛み止めを打っていて、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら