拡大する写真・図版纒向遺跡から見つかった仮面

[PR]

 人類はいま、世界中に蔓延(まんえん)した新型コロナウイルスの脅威に直面しています。今回は、疫病と向き合ってきた人々の歴史を紹介します。

拡大する写真・図版新型コロナ禍で注目される妖怪「アマビエ」(京都大学付属図書館蔵)

 妖怪「アマビエ」が人気らしい。江戸時代、肥後国(ひごのくに)(熊本県)の海に現れ、「疫病が流行したら自分の絵を描いて人々に見せよ」と語ったという。新型コロナウイルス退散への期待を担って、厚生労働省のアイコンにもなった。

 髪は長く、鱗(うろこ)が胴を覆う奇怪な姿。星形の目が妙にかわいい。一見人魚のようだが、つんととがった口元は鳥のくちばしに見えないこともない。なぜこうも異形なのか。

 「邪(じゃ)をはらうには、より強い表現が必要だったのでは。いるかいないかわからない生物に、人々は希望を託したのでしょう」。妖怪研究で知られる小松和彦・国際日本文化研究センター名誉教授はいう。正体不明の敵に対抗するには超自然なパワーで、というわけだ。当然、目に見えない疫病も対象になっただろう。

入れ墨やデザインで祈願

 科学的知識などなかった昔。『…

この記事は有料会員記事です。残り1299文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1299文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1299文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら