[PR]

 新型コロナウイルスの感染の広がりを国内で防ぎながら、「救世主」のように他国へ支援を続ける中国。これまで推し進めてきた巨大経済圏構想「一帯一路」の事業も、世界各地で継続していく構えだ。だが、コロナ危機のさなかに強引に影響力の拡大を図れば、反発が広がる可能性もある。

共通する「インド牽制」の思惑

 「開発事業は国の繁栄につながる変革プロジェクトだ」。パキスタン外務省は5月22日の声明で、国内で進む一帯一路の事業を継続する意思を明確にした。新型コロナの余波で、事業が停滞するとの観測を打ち消すものだ。

 鉄道や道路、港湾、火力発電所など、総額450億ドル(約5兆円)規模の巨大開発が2015年から始まり、大半を中国からの投融資でまかなう。中国の技師や労働者の往来による感染拡大を懸念する声もあるが、政府高官は「中国由来の感染者は一人もいない」と払拭(ふっしょく)に努める。

 継続の背景には、経済発展の基礎となるインフラ開発で、投融資のハードルが低い中国に頼らざるを得ない途上国共通の事情がある。中国とパキスタンにはインドを牽制(けんせい)するという共通の利益もあり、蜜月を続けてきた。

拡大する写真・図版パキスタンのアルビ大統領(左)は中国・北京を訪れ、習近平(シーチンピン)国家主席と会談した=2020年3月17日、パキスタン政府提供

 パキスタンで感染が広がり始めたのは3月中旬。アルビ大統領が訪中し、習近平(シーチンピン)国家主席に支援を直談判した。約10日後、中国はマスク30万枚、検査キット1万2千個、防護服1万着を首都イスラマバードに空輸。地方都市にも万単位の医療品を相次いで届けた。

 パキスタン外務省によると、4月末までに中国から送られた人工呼吸器は計390台、検査キットは計33万個、防護服は計4万2千着に上る。医師団も派遣し、地方の病院で指導にあたった。パキスタンのカーン首相は会見のたびに「中国から優先的に支援してもらえる我々は幸運だ」と、感謝の言葉を口にする。

拡大する写真・図版新型コロナウイルス対策の防護服やマスクを積んだ中国の航空機が2020年3月28日、パキスタンの首都イスラマバードに到着した=在パキスタン中国大使館のツイッターから

支援攻勢は中東、南太平洋にも

 過激派組織「イスラム国」(IS)との戦闘終結を17年に宣言し、復興に向けた経済の立て直しが急務のイラクにも、中国は医療チームや検査機器、マスクなどを送った。イラクも昨年9月、当時の首相が訪中して一帯一路への参加の意向を表明している。

 東南アジアや太平洋諸国でも一帯一路を推進してきた中国は、ラオスやカンボジア、フィリピンなどにも医療支援を実施。太平洋の島国10カ国とはビデオ会議を開いた後、島国向けの190万ドル(約2億円)の「対策協力基金」を設けた。昨年9月に台湾と断交し、中国と国交を結んだばかりのソロモン諸島にも30万ドルを寄付している。

 中国は一帯一路を通じて各地で影響力を強めてきた。新型コロナによって一時的に止まる事業もあると見られるが、ASEAN外交筋は「どんな思惑であれ、途上国に莫大(ばくだい)なお金を出し続けるのは中国だけだろう。影響力は今後、さらに強まるかもしれない」と指摘する。

行き詰まる返済、港の権利譲渡

 だが、支援を受ける側の多くを待ち受けるのは「債務のわな」だ。スリランカは17年、中国への債務返済に行き詰まり、南部の港の運営権を99年間、中国企業に譲渡した。

 パキスタン政府は「中国からの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら