44年間の長期連載となった「浮浪(はぐれ)雲(ぐも)」などの作品で知られる漫画家のジョージ秋山(じょーじ・あきやま、本名秋山勇二〈あきやま・ゆうじ〉)さんが5月12日に亡くなった。77歳だった。小学館を通じ発表した。葬儀は家族で営んだ。

 東京都で生まれ、栃木県足利市で育った。高校中退後、書店勤めなどを経て66年にデビューし、翌年「パットマンX」がヒット。70年に少年誌に発表した「銭ゲバ」「アシュラ」は、社会の最底辺をはいずる者の怒りを作品に込めて若者らの支持を得たが、過激な暴力描写が賛否両論を巻き起こした。「アシュラ」は飢餓のため人肉を食う描写が非難を浴び、「有害図書」とされた。

 73年には代表作「浮浪雲」を小学館ビッグコミックオリジナルで連載開始。幕末の品川宿で問屋を営む遊び人の「雲」を中心に、市井の人々の暮らしを人情味豊かに描く物語で、のんびりしたムードとユーモア、お色気が人気を呼んだ。渡哲也さん、ビートたけしさんの主演で2回テレビドラマ化もされた。17年に最終回を迎え、全1039話、単行本112巻で完結した。

 ギャグ、SF、エロスと作風は幅広く、代表作の一つ「ピンクのカーテン」は、82年に日活ロマンポルノ作品として美保純さん主演で映画化され、その後も映像化が相次いだ。問題作とされた「銭ゲバ」も09年に松山ケンイチさん主演でテレビドラマ化、「アシュラ」は12年に東映アニメーションによるCG映画となった。(小原篤