[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、在宅の高齢者が介護サービスの利用を控え、心身の衰えが広がっている可能性があることが、介護従事者を対象にした調査でわかった。介護従事者の6割超が、利用者の心身の機能低下を認識していた。

拡大する写真・図版食事前にアルコールスプレーで手指を消毒するなど、感染予防をして営業を続ける介護施設=2020年4月、静岡県牧之原市

 調査は淑徳大の結城康博教授(社会福祉学)が5月4~17日、インターネットで実施。全国のケアマネジャーやデイサービスの職員ら503人が回答した。内訳は、全国に先駆けて緊急事態宣言が出た7都府県が46・3%、その他が53・7%だった。

 調査によると、在宅の介護サー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら