【動画】「いまできること The Athletes」  バレーボール・柳田将洋=木村健一撮影
[PR]
いまできること⑨
新型コロナウイルスの感染拡大で、スポーツの大会、試合が軒並み中止、延期になっている。練習すら制限される中、できることを模索する選手たちの「いま」をオンライン取材などを通じ、紹介する。

 小学5年生のけんたろう君から、悲痛の声が上がった。「コロナで練習も試合もなくなった。けがもしてしまって……」

 5月下旬、プロバレーボール選手の柳田将洋(27)がオンラインで開いた講習会でのことだった。

 「戻ったら絶対、けがをする前以上に成長しようと思った」。柳田は自らの経験を話し始めた。昨春、左足首を骨折し、その直後にプレーしていたポーランドから帰国。約3カ月を棒に振った。「今は先が見えないけれど、こうやってけんたろう君に会えている。こういう時だから得られているものを考えて」とアドバイスを送った。

 講習会は、柳田の武器サーブに特化したオリジナルのもの。「利き手側に体をひねって球にパワーを伝える」「サーブはトスで6、7割が決まる」。自分で作ったプレゼンテーションの資料を使い、子どもの頃の自分の動画を見せながら、基本を説いた。寄せられた子どもたちの動画も解説し、質問に丁寧に答えた。約40人を相手に、柳田は1時間半、熱弁を振るった。

 「バレーボーラーだからバレー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら