[PR]

 緊急事態宣言が解除され、1日から学校再開が本格的に始まった。これまでの報告では、新型コロナウイルスに感染する子どもは少なく、感染しても重症化する例はまれという。なぜ子どもはコロナに強いのか。まだわからないことが多いが、第2波が来る前に、一斉休校の功罪も含めた科学的検証が必要だ。

 新型コロナに感染する子どもが少ないことは、世界各国で報告されている。中国や米国、イタリアの調査では、感染が確認された人のうち、18歳未満が占める割合は2%に満たない。また中国の調査では、感染や感染が疑われた子どものうち、9割以上が無症状か軽症、中程度の症状で、重症化したのは約6%だった。

 感染しても大人と同じようにウイルスを広めるかどうかもよく分からない。1月下旬、仏のスキーリゾートで起きた集団感染には英国人の、9歳の男の子が含まれていた。症状は軽かったが、感染がわかる前に複数の学校やスキー教室に通っていたため、すぐに生徒や教師など170人以上の接触者が確認され、73人が検査を受けた。だが感染者はいなかった。2人の兄弟にもうつらなかった。

 英紙ガーディアンによると、4月半ばから小学校などを限定再開している欧州でも、学校を介した感染拡大の兆候は見られないという。

 米バンダービルト大のティナ・ハータート教授は、「新型コロナのパンデミックで興味深いのは、病気になる子どもが大人に比べてとても少ないことだ」と話す。ハータート教授によると、感染した子どもの多くは、ウイルスが鼻にとどまっている可能性があるという。

 最近、この説を裏付けるような…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら