[PR]

 自民党の二階俊博幹事長は1日の記者会見で、衆院解散について問われ「特に早期解散の必要性を感じているわけではない。(新型コロナウイルスに関する)問題の解決に懸命の努力をすることが大事だ」と語った。早期解散に否定的な見解を示した一方、「いつでも来いという気合を込めて国政運営をしている。解散はあすあってもいい」とも述べた。

 また、二階氏は「ポスト安倍」をめぐり安倍晋三首相の党総裁4選を支持する立場を表明してきたが、この日は「(考えに)変わりないが、総裁から積極的に『かれこれしかじかのことをやりたい』という表明があって(支持)すべきであって、私の方から『総理、いかがでございましょうか』と伺いたてに行くようなもんじゃない」と述べた。

 報道各社の世論調査で内閣支持率が下落していることについては「真摯(しんし)に受け止めるということは建前として、我々は自信を持って政治を前に進めていく。この努力を怠ってはならない」と語った。(河合達郎)