[PR]

 女性とのわいせつ行為を盗撮した動画をネット上で公開したなどとして、大阪府警は1日、大阪市西成区のアルバイトの男(35)をわいせつ電磁的記録記録媒体陳列や軽犯罪法違反などの疑いで書類送検し、発表した。男は容疑を認め、額縁付きの絵画に仕込んだ小型カメラで盗撮を繰り返したと供述しているという。

 南署によると、男の送検容疑は昨年7月、大阪市中央区のホテル一室の壁に掛けた絵画内の小型カメラで、女性1人とのわいせつ行為を盗撮。また盗撮した別の女性3人とのわいせつ動画を動画サイトに投稿したなどというもの。

 この絵画は、額縁(縦約23センチ、横約30センチ)に絵とマジックミラーが重ねてはめ込まれており、裏側に仕込んだ小型カメラで撮影する仕組み。ホテルが同月下旬、「客室内の絵の中に盗撮機械がついている」と南署に通報。置き忘れに気づいた男が取りに来て発覚した。男は「30人くらいの女性をナンパして盗撮した」と供述しているという。