[PR]

 新型コロナウイルス対策の一律10万円の特別定額給付金をだまし取ろうとしたとして、京都府警は1日、京都市右京区の無職、寺石論(さとし)容疑者(38)と交際相手の無職の女(45)を詐欺未遂などの疑いで逮捕し、発表した。寺石容疑者は否認、女は「間違いない」と容疑を認めているという。同給付金に絡む逮捕は府内で初めて。

 組織犯罪対策2課によると、2人は5月、滋賀県栗東市に住む女の親族の給付金をだまし取るため、委任状に女の銀行口座番号を書き、親族の世帯全員分の計20万円を不正に振り込ませようとした疑いがある。

 女の別の親族から、女が給付金詐欺をしようとしているという相談が府警にあり、判明したという。