[PR]

 1日、県立学校や岡山後楽園、岡山桃太郎空港が一斉に再開され、人が戻った。第2波への警戒を強めつつ、新たな日常が動き始めた。

 約1カ月半ぶりに再開したのは、臨時休校していた県立の中高、特別支援学校など69校。マスク着用や時差通学などウイルス対策を徹底しての再開となった。

 瀬戸高校(岡山市東区)では、全校生徒440人の4割がJR瀬戸駅を利用。東岡山駅で赤穂線から山陽線に乗り換える生徒が多い。同校は他校の生徒も大勢が使う赤穂線の混雑を避けるため、始業を通常より25分早め、午前8時10分からとした。下校時刻もその分早まる。

 県教委は公共交通機関を利用す…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら