• アピタル

医療機器を新たな産業へ 山梨に推進センターが開所

吉沢龍彦
[PR]

 医療機器関連産業の山梨県内への集積をめざす「メディカル・デバイス・コリドー」の推進センターが1日、甲府市のやまなし産業支援機構内に開設された。医療現場や関連企業に通じている専任のコーディネーター3人が中心となり、中小企業の参入を支援する。

 開所式に出席した長崎幸太郎知事は「医療機器を県内の新たな産業にしたい。センターが、安定して成長させる拠点になることを確信している」とあいさつした。

 センターでは医療機器分野への参入をめざす企業の相談に応じ、関連メーカーとのマッチングを図る。機器の開発や部品・部材の供給、販路の拡大などを後押しするという。

 隣の静岡県では医療機器や医薬品の製造業のネットワーク「ファルマバレープロジェクト」が展開されており、昨年末には両県の連携協定も結ばれた。(吉沢龍彦)