[PR]

 佐賀県鳥栖市にある寺の住職さんたちが、新型コロナウイルスの影響に苦しむ飲食店の力になろうと、ボランティアで料理の配達を手伝っている。普段の檀家(だんか)回りで道に詳しいだけに「デリバリーとの相性の良さに我ながら驚いています」というこの取り組み。「お坊さんデリバリープロジェクト」と名づけた。

 配達を主に担うのは、いずれも浄土真宗本願寺派で、鳥栖市元町の妙善寺(みょうぜんじ)住職菅原賢史(すがはらまさし)さん(42)と、同市姫方町の戒円寺(かいえんじ)副住職佐藤好範さん(40)。人手が足りないときは、お坊さんではないメンバー2人も加わる。

 プロジェクトは4月に始まった…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら