産業医科大でクラスター 入院、急患、新規外来が停止

有料記事新型コロナウイルス

加治隼人
[PR]

 1日に医療スタッフら10人の新型コロナウイルスクラスター(感染者集団)が確認された産業医科大学病院(北九州八幡西区)は2日、救急や新規の外来の受け入れを停止した。同病院は同市内で唯一、高度医療を提供する特定機能病院に指定されており、医療態勢への影響が懸念されている。

 病院や同市の発表によると、同院では5月13日に別の疾患で入院した40代女性の患者1人の感染が同月30日に判明。濃厚接触者として医療スタッフのPCR検査を実施したところ、20~40代の男女9人の感染が1日に確認された。いずれも患者の治療に携わっていたという。今後は濃厚接触の可能性のある患者へのPCR検査も進める予定。

 同院は2日から新規の外来診療や入院に加え、救急患者の受け入れも停止することをウェブサイトで発表。「ご心配、ご迷惑をおかけしますが、ご理解をお願いします」と記した。

 大学のキャンパス内にある同…

この記事は有料記事です。残り254文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]