[PR]

 新型コロナウイルス対策として外国人の入国を禁止しているニュージーランド(NZ)で、米国の映画「アバター」の制作スタッフらの入国が認められた。NZは映画の撮影・制作が盛んなことで知られ、コロナ危機のなかで「経済にプラスになる」と政府が例外的に入国を許した。現地メディアが伝えた。

 制作スタッフ約50人が5月31日、米ロサンゼルスからのチャーター機でウェリントンに到着した。14日間の自主的な隔離に入ったという。

 3D映像が注目を集めた「アバター」は2009年の公開当時、歴代1位の27億9千万ドル(約3千億円)の興行収入をあげた。21年12月に続編を公開予定で、NZでの撮影・制作は今年3月に始める計画だったが、3月20日に外国人の入国が禁止されたため延期になっていた。

 NZは3月26日に全土封鎖策…

この記事は有料会員記事です。残り301文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り301文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り301文字有料会員になると続きをお読みいただけます。