[PR]

 北九州市は2日、新型コロナウイルスの感染者を新たに6人確認したと発表した。同市の感染確認は5月23日から11日連続。この間の感染者は計119人となった。新規感染者が1桁になるのは6日ぶり。

 市によると、6人のうち1人は貫(ぬき)小学校(小倉南区)の児童。感染経路は不明で、5月31日に味覚障害を訴えたという。29日に登校しており、市が濃厚接触者を調べている。児童・生徒の感染が確認された市内の小中学校は5校目で、小中学生の感染確認は12人目。市立小中学校は現在、午前中のみ授業をしているが、市教育委員会の担当者は「分散登校も視野に入れる必要がある」との見方を示した。

 6人の中には、市内の医療機関スタッフの40代女性と60代男性も含まれる。この医療機関ではすでに入院患者ら3人の感染が確認されており、市はクラスターが起きた可能性があるとみている。

 また市は、感染が1日に確認された女性は浅川幼稚園(八幡西区)に通う園児の保護者だったことが判明したと発表。園は2日から臨時休園した。3日に施設を消毒する予定。(布田一樹、加治隼人)