拡大する写真・図版船の離岸時、手を振るコスタ・アトランチカの乗員たち=乗員提供の動画より

[PR]

 長崎港に停泊中に新型コロナウイルスの集団感染に見舞われたクルーズ客船コスタ・アトランチカ(イタリア船籍、8万6千トン)の男性乗員(29)が1日、長崎に感謝を伝える動画をSNSに投稿した。感染者は入院中の一部を除いて回復し、船は5月31日に出港。男性は電話取材に「人は一人では生きていけないと感じた。支援に心から感謝したい」と話した。

 動画は約4分間。感染確認から1カ月余、県の関係者らに見送られて船が離岸する様子や、「ありがとう」と日本語で呼びかける乗員たちの姿をおさめた。

拡大する写真・図版三菱重工業長崎造船所香焼工場から出航するコスタ・アトランチカを見送る長崎県や長崎市の職員、災害派遣医療チーム(DMAT)ら=2020年5月31日午後0時7分、長崎市、長崎県関係者提供

 約30カ国という多国籍の乗員約620人のうち、感染者は149人にのぼった。男性は体調を崩すことなく個室隔離された乗員の身の回りを世話する仕事を続けた。「神様が丈夫な体を与えてくれたから、他の乗員のために働きたかった」

 船が停泊した岸壁では約40日間にのべ571人の医師や看護師らが診療を支援した。男性は日本側の医師から感染防止策の指導を受けた。地元住民や高校生が「元気でいて」と呼びかけるビデオメッセージも届いた。「全力で支えてもらっていると感じた」という。

【動画】長崎港を出港するコスタ・アトランチカ=長沢幹城撮影

 男性は集団感染について「とても大きな経験だった」と振り返り、「人は国境を超えた家族で、助け合うことで強くなれると感じた。また長崎に帰ってきたい」と話した。

 動画は(https://www.facebook.com/sgcruisesociety/posts/3425330277495905別ウインドウで開きます)で見ることができる。(榎本瑞希)

拡大する写真・図版出港するクルーズ船コスタ・アトランチカに対岸から手を振る住民ら=2020年5月31日午後0時16分、長崎市土井首町、小川直樹撮影