[PR]

 戦前から戦後に一時代を築いた横浜出身の女優、原節子。42歳の若さで銀幕を退き、2015年に95歳で亡くなった日本映画界の伝説は、横浜高等女学校(現・横浜学園高校)に在籍した。当時、後に「山月記」「李陵」などを書いた作家の中島敦は同校の教員。1年生だった原にも教えていたことを確認できる資料が、このほど見つかった。

 横浜・元町にあった同校は空襲で全焼し、戦前の記録はほぼ失われている。しかし、学校創立者の親族で、同校の教員だった故・田沼要人(かなめ)氏の手帳が、横浜市金沢区にある田沼家の土蔵に保管されていた。要人氏の孫の妻である裕子さん(55)が木箱に入った資料を整理したところ、クラス名簿などを含む手帳は数年分あり、原が入学した1933年度のものもあった。

 手帳の1年2組の名簿の欄外には、原の本名(会田昌江)の誤記と思われる「会田昌代」の書き込みがあった。原は受験に失敗して二次募集で入学したため、「欄外に手書き」の扱いになったのだろう、と裕子さんは推察する。

 33年度は入学志願者が増え、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら