[PR]

 収穫期を迎えたトウモロコシの盗難を防ごうと、南甲府署は夜間パトロールを始めた。例年はJA職員ら関係機関と合同だが、新型コロナウイルスの感染防止のため、1日夜は署員だけで山梨県中央市など管内の畑を巡回した。収穫が終わる今月下旬まで続ける。

 署員は、背丈ほどに伸びたトウモロコシ畑をライトで照らしながら見て回ったり、パトカーで巡回したりして警戒を続けた。

 昨年、同署管内ではトウモロコシの盗難が1件あり、人気品種「ゴールドラッシュ」が約240本(約5万6千円)盗まれた。被害届を出さない農家もあるといい、実際の盗難件数はさらに増える恐れがある。

 署の秋山健地域課長は「生産者…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら