[PR]

 栃木県教育委員会は今月下旬、すべての県立学校で女子生徒がスラックスの制服を選択できる環境を整えるよう校長に要請する。2日、県教委への取材でわかった。心と体の性が一致しない「トランスジェンダー」など性的少数者にも寄り添う教育環境づくりを進める。

 県教委によると、男子校を除く県立学校のうち約6割は、現状でも女子用スラックスを選べるようになっている。スラックスは防寒性や動きやすさといった機能性に加え、スカートに精神的苦痛を感じる女子生徒への配慮から、導入する学校が少しずつ増えてきたという。

 県教委は今月下旬に予定する県立学校長会議で「女子がスラックスを選択できる状態にするのが望ましい」との考えを示し、女子が通うすべての県立学校で導入を進めるよう求める。

 荒川政利教育長は1日の県議会…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら