[PR]

 瀬戸内海に浮かぶ豊島(香川県土庄町)ではかつて、国内最悪ともいわれる産業廃棄物の不法投棄事件が起きた。島の住民たちが産廃の撤去を県に求めた公害調停の成立から、6日で20年になる。産廃の撤去は完了したとされるが、現場ではいまなお地下水などの環境浄化作業が続く。業者が産廃処理場の建設許可を県に申請してからは45年。破壊された環境がもとの姿に戻る日は見えない。私たちはこの事件から何を学ぶべきか。調停成立時の県知事で、豊島の住民に謝罪をした真鍋武紀さん(80)に聞いた。

   …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース