[PR]

 国から持続化給付金の業務を受注した「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」。広告大手電通と人材サービス大手パソナなどが設立に関わり、役職員の多くを送り込んでいた。電通やパソナなどは、過去にも法人を通じて巨額の公的事業を繰り返し請け負ってきた。

 協議会は2016年に電通やパソナ、ITサービス業のトランスコスモスなどが関わって設立されたとされる。職員は3社などからの出向者で21人。

 経済産業省によると協議会は今回の給付金事業を含め、経産省の計14件の事業(総額約1600億円)を受注していた。そのうち9件(総額約1500億円)について、電通やパソナなどに再委託していた。協議会が公的事業を受注するための「受け皿」になっていたかっこうだ。

■「電通に丸投げであれば採択で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら