[PR]

 人気アニメ「鬼滅(きめつ)の刃」の制作会社として知られる「ユーフォーテーブル」(東京)と同社の近藤光社長(50)が、東京国税局査察部から脱税容疑で東京地検に告発されたことがわかった。運営する飲食店の売り上げを少なく見せかけるなどして約4億4600万円の所得を隠し、計約1億4千万円を脱税した疑いが持たれている。

 関係者によると、同社は手がけたアニメを題材としたカフェやレストランを各地に展開。このうち東京と大阪の計4店舗の売り上げについて、近藤社長が経理担当者に帳簿を改ざんさせる方法で、2015、17、18年の各期3年間で計約4億4600万円分の売り上げを申告せず、法人税約1億1千万円を脱税した疑いが持たれている。また、申告しなかった売り上げにかかる消費税約2900万円を脱税した疑いもある。

 近藤社長は、4店舗の売り上げをすべて現金のまま都内の自宅で保管。経費などを支払った残りの売り上げの一部を申告せず、同社の事業資金などに充てていた。昨年3月に東京国税局が自宅を家宅捜索したところ、金庫などから現金約3億円が見つかったという。

 登記やホームページによると、同社は00年設立。鬼滅の刃のほか、「Fate」シリーズや「テイルズオブ」シリーズも手がけている。

 同社と近藤社長は代理人弁護士を通じ、「ファンをはじめ、関係者にご心配、ご迷惑をおかけすることについて誠に申し訳なく、心よりおわび申し上げる。国税当局の指導に従って修正申告を行い、全額納税した」などとコメントを出した。(中野浩至)

剛腕社長、一部役職を辞任

 東京国税局から脱税容疑で東京…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら