写真・図版

[PR]

 私たちの体は37兆個ともいわれる細胞でできている。細胞同士がばらばらにならないようにつないでいるのが細胞接着分子だ。先駆けとなった「カドヘリン」の発見は約40年前。現在、病気や進化との関係など研究分野が広がっている。

代表格はカドヘリン

 細胞接着分子は細胞同士や、細胞と細胞外の「基質」の間をつないでおり、多くの種類が知られる。中でも早くにその正体が明かされ、よく研究されてきたのが「カドヘリン」だ。1982年、京都大学に在籍していた竹市雅俊さん(現・理化学研究所名誉研究員)が発見した。

 細胞同士を結びつける物質があるらしいことは古くから知られていたが、発見当時はその正体はよくわかっていなかった。カドヘリンは細胞を隔てる細胞膜を貫くたんぱく質で、隣り合う細胞の膜から突き出たカドヘリンとくっつき合う。細胞の内側では、たんぱく質を介して細胞の骨格と結びついている。

 カドヘリンには多くの型があり、同じ型のカドヘリン同士がくっつくこともわかった。「カドヘリンファミリー」と呼ばれる類似の分子は、120種類以上が知られている。

 竹市さんはカドヘリンを発見し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら