レンタルなんもしない人 独自過ぎる活動の原点を語った

有料記事

岩井建樹
[PR]

 スペックゼロ。何もしない、できない自分という存在を、一時的に貸し出すサービスを提供している。その名も「レンタルなんもしない人」(36、本名・森本祥司)。たとえば1人で入りにくい店の同行や離婚届提出の付き添い、マンガ執筆の見守り。何も考えず、ただそこにいる。独自過ぎる活動は注目を集め、TVドラマ化された(現在、新型コロナウイルスの影響で放送延期中)。原点を探ると、友人や先生らからかけられてきた、ある言葉があった。

 依頼を募集しているツイッターには「ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます」と、記す。相づちを打ったり、ちょっとした感想を述べたりはするが、アドバイスはしない。そんな自分に依頼者は悩みや秘密を打ち明ける。「過去に人を殺して、少年院にいたんですよね……」と告白した人もいた。「関係性が薄い相手だからこそ、話せる大事なこともあるんだ」と知った。

上司から「おまえはいてもいなくても一緒だな」

 子どものころから、集団行動…

この記事は有料記事です。残り1625文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!