[PR]

取材考記

 産業としての裾野の広さや、世界の情勢を強く反映したダイナミックな動き。経済取材のなかでも自動車メーカーの担当は、いち企業にとどまらず、業界も国境も越えた深さが醍醐(だいご)味だ。

 2年前から広島県でマツダを、今春から愛知県でトヨタ自動車を担当している。新型コロナウイルスの影響で自動車の需要が世界的に蒸発し、激震が走るなか、改めて感じるのは地域経済や雇用を支える柱としての存在感だ。

拡大する写真・図版自動車部品などの溶接を手がける町工場。休業日を設けたり、作業人数も減らしたりして人件費を抑えている=2020年4月、名古屋市港区、上田潤撮影

 広島ではマツダを頂点とした自動車産業が、製造品出荷額の3割超を占める。2018年夏の西日本豪雨では、部品供給網が寸断されてマツダの生産が一時停止。被災した下請けや金融機関への取材を通じて、中小・零細企業が車づくりを支え、雇用や地元経済を引っ張っていることを痛感した。

 日米貿易交渉では18年春以降…

この記事は有料会員記事です。残り571文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り571文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り571文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら