拡大する写真・図版オンライン記者会見で話す横浜FCの三浦知良

[PR]

 J1横浜FCの三浦知良(53)が3日、チームの練習後にオンラインで記者会見し、「無観客でチームメートとも喜び合えない状況だけど、得点してひとりカズダンスで盛り上げたい」と語った。もしリーグ戦で得点すれば、元鹿島のジーコ氏が持つJ1最年長得点記録の41歳3カ月12日を大幅に更新することになる。

 横浜FCはこの日、チームでの練習を再開し、選手を2組に分けて体力テストを行った。三浦は「きょうの体力テストの成績は悪かったのでもう少し頑張らないといけない」と語った。

 東日本大震災直後の2011年3月29日。慈善試合で得点し、ステップを踏んだカズダンスはまだ記憶に新しい。J1の再開が7月4日に決まった心境を、落ち着いた口調で語った。

拡大する写真・図版東日本大震災を受けて2011年にあった日本代表とJリーグ選抜による慈善試合でゴールを決め、「カズダンス」を披露するJ選抜の三浦知良

 「今までは先が見えず、どこまでトレーニングするかの判断が難しかった。目標ができたことはうれしい」

 リーグ再開に向けて、感染予防の徹底を訴えた上で大会中止が相次ぐ高校スポーツへの配慮も示した。「夏の甲子園や高校総体などが中止になり、複雑な気持ちもある。まだウイルスが存在し、薬もなく、感染リスクのある中での再開。プロ野球やJリーグを成立させていくことは大事だが、一人ひとりが今まで以上に感染予防への高い意識を持つことが大切だ」

リーグ中断期間、葛藤抱いた

 シーズン中断中はもっぱら自宅…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら