[PR]

 茂木敏充外相は3日、韓国の康京和(カンギョンファ)外相と電話で約40分間、協議した。日本が半導体材料など3品目に関し、韓国への輸出規制を強化していることをめぐり、韓国が世界貿易機関(WTO)への提訴手続きを再開すると発表したことについて、茂木氏が「極めて遺憾だ」と述べた。

 韓国政府は2日、WTOに「裁判」の一審にあたる紛争処理小委員会(パネル)を設けるよう要請する方針を明らかにした。日本外務省によると、茂木氏は「(両国間の)懸案の解決に資さず、極めて遺憾だ」と訴えた。これに対し、康氏は韓国側の考え方を説明したという。(太田成美)