[PR]

 プロ野球巨人は3日、坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が、新型コロナウイルス感染の疑いでPCR検査を受け、陽性だったと発表した。巨人の発表要旨は以下の通り。

・選手(育成含む91人)や監督、コーチ、スタッフら約220人のうち希望した218人に、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査を実施。5月29日~31日、採血を行い、選手やスタッフ計4人に、感染後に回復したことを示す抗体が確認された。

・6月2日夕、抗体が確認された4人にPCR検査を実施。3日午前、坂本、大城の2選手について陽性判定の連絡があったため、保健所に報告した。

・陽性判定が出た2人の新型コロナウイルスの遺伝子量は微量で、正常値ぎりぎりの「微陽性」で、回復を示す抗体を持っているため、専門家は、感染から回復した後、かなりの時間がたっているとの見解を示した。

・2人は4日以降、入院した都内の医療機関で、PCR検査を連日実施し、陰性が確認でき次第、早期にチームに合流することを目指す。

・2人は3月下旬以降、体調に何の問題もなく、味覚・嗅覚(きゅうかく)などの異常も感じていない。検査から2週間前までさかのぼった日常の行動を確認すると、坂本は5月29日に友人と昼食、大城は5月28日にチームメート2人と2時間の夕食を取った以外、外食も夜の外出もしていなかった。

・2人との濃厚接触者については、1メートル以内で15分以上会話をした人を中心に、検査を受けるべきだと判断した26人について、3日夕、PCR検査を実施。これ以外の1軍の選手、監督、コーチ、スタッフなどは全員、4日午前にPCR検査を実施する。

・PCR検査で陰性となった2人は、体内にウイルスがないと確認されたため、感染のリスクはないと判断し、チームに合流している。

■新型コロナウイルスを巡る巨人…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら