[PR]

 プロ野球巨人は3日、坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が、新型コロナウイルス感染の疑いでPCR検査を受け、陽性だったと発表した。この日予定されていた西武との練習試合は急きょ中止となったが、巨人はこの日の記者会見で、「感染からかなりの時間がたったと思われ、他人に感染させるリスクは高くないと推察される」との専門家の見解を示した。日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長はこの見解を受け、感染拡大のリスクは低いとして、「(6月19日の)開幕には影響がない」との見解を示した。

 また、巨人もこの日の記者会見で、現在検査を受けている他選手らの結果を踏まえ、次戦の練習試合、5日のヤクルト戦(東京ドーム)は「予定通り行いたい」とした。

 球団によると、2選手ともに体調や味覚、嗅覚(きゅうかく)に異常はなかった。坂本が先月29日昼に友人と、大城が同28日夕にチームメートと食事をとった以外は「外食も夜の外出も一切なかった」と説明している。両選手とも都内の医療機関に入院した。連日、PCR検査を実施し、陰性が確認出来次第、早期のチーム合流をめざすという。

 球団は2選手と「1メートル以内で15分以上会話をした」者を中心とした26人について、この日夕にPCR検査を受けさせることも明かした。「その検査結果に問題ないなら、5日の練習試合は予定通りに行いたい」としている。