拡大する写真・図版デビュー20周年を迎える井上芳雄さん=所属事務所提供

[PR]

 ミュージカル界のトップスターは劇場から劇場へ、多忙なデビュー20周年を迎えるはずだった。だが、コロナ禍のため、「人生で一番長い休み」を家族とステイホームで過ごす日々。不惑の井上芳雄さんに、オンラインでいまの思いと演劇の可能性について聞いた。

 ――出演予定だった4月のチェーホフ劇「桜の園」と、5~8月の東宝ミュージカル「エリザベート」大阪・名古屋・福岡公演が全公演中止になってしまいました。

 「『桜の園』は4月初めまで劇場で舞台稽古をしていました。セットも衣装もかつらもあって、メイクもしてやっていたんです。1カ月半、素晴らしい方々と稽古し、初めてのチェーホフ劇でしたが、『ああ、いいものだな』という手応えがあった。そこに緊急事態宣言が出て、幻の舞台になってしまった。初日が遅れるのは決まっていて、『本当にできるのかな』とみんなで不安を口にしながらの稽古でしたが、まさか一回もお客さんに見てもらえずに終わるとは思っていなかった」

大竹しのぶ、宮沢りえ……豪華キャスト、目前で中止

 ――大竹しのぶさん、宮沢りえさん、生瀬勝久さん、黒木華さんら豪華なキャストにケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)さんの上演台本・演出で、私も初日を楽しみにしていました。

 「もともと凄(すご)いキャリ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら