[PR]

 神戸市垂水区の路上で3月下旬、児童らが「新型コロナウイルスの検査をしたい」と男に声をかけられ、一部の児童が連れて行かれそうになる事案があった。市保健所は「医療機関などが、検査をさせてくださいと声をかけることはない」と注意喚起している。

 兵庫県警垂水署によると、6~10歳の児童ら5人が3月24日夕、同市垂水区の路上で遊んでいたところ、男に「新型コロナウイルスって知ってる?」「検査させてほしい」と声をかけられた。一部の児童がついていこうとしたが別の児童に止められ、保護者が駆けつけると男は立ち去っていたという。

 同署は3日、児童らを誘拐しようとしたとして、自称アルバイトの男(23)を未成年者誘拐未遂の疑いで逮捕した。男は「わいせつ目的で声をかけた」と話しているという。