【動画】ロボットを使ったPCR検査=メディカロイド提供
[PR]

 神戸市は3日、新型コロナウイルスへの感染の有無を調べるPCR検査の検体採取や分析、入院後の患者のケアまでの過程にロボットが深く関わり、医療従事者への感染リスクを抑制する仕組みを民間企業と開発すると発表した。感染拡大の第2波到来にそなえた取り組みで、全国的にも珍しいという。

 市が連携するのは医療用ロボットを開発する「メディカロイド」(同市中央区)。

 PCR検査は鼻の奥の粘液か唾液(だえき)を採取する。医療従事者が検査対象者の鼻の奥を綿棒でぬぐうのが一般的だが、その際にせきやくしゃみを浴びるなどして感染する危険があった。

 市と同社は、ロボットに担わせる機能として、検査対象者から検体を採取▽検体の搬送や分析など、これまで人が手作業で行っていたプロセスの一部代行▽宿泊療養施設や病院で食事や薬を運ぶ――などを想定。医療従事者は、遠隔での操作・問診の形でこれらの作業に関わる予定だという。

 ロボットの開発は既に進んでおり、今後の実証実験を経て実際に運用が始まるのは10月以降になる見通しだ。また、鼻の粘膜の検体採取は医療行為となるため、運用に際しては医療機器としての薬事承認を得ることが条件となる。神戸市は約5千万円を補正予算に計上し財政支援するほか、実用に向けて病院や宿泊療養施設との調整を進める。

 神戸市の久元喜造市長は「医療産業都市としての神戸の様々な蓄積が、新型コロナとの戦いにおいても生かされる。(連携は)大変ありがたい」と話した。(遠藤美波)