[PR]

 富士山など地元の景観を全国に発信しようと山梨県忍野村が1989年に始めた「富士忍野グランプリフォトコンテスト」で、今年の第30回グランプリ(最優秀)賞に輝いた作品が「合成写真だ」との指摘が相次いだ。村によると、受賞者は「多重露光で撮影し、カメラ内の技術で作った作品」などと説明したという。デジタル技術が進歩し、写真のあり方を問う声も出ている。

 神奈川県の男性が応募した「紅富士輝」と題する写真。朝焼けの富士山の背後に満月が沈む「パール富士」と呼ばれる構図だ。

 撮影日時は2019年11月15日午前6時25分、撮影場所は村の忍野中学校近くと申告されている。

 村が3月半ばにホームページに掲載すると、富士山を撮影してきた富士北麓(ほくろく)の写真愛好家ら十数人が、合成だと村に訴えたり、SNSに投稿したりしている。「申告の日時に、忍野村から朝焼けの富士山頂と満月が絡む風景は撮れない」という声で、そうした構図で撮影できるのは3年後までないというのだ。

 地元の介護福祉士、天野秀光さん(66)は写真歴50年の「富士山マニア」。忍野村のコンテストでも入賞歴があり、「グランプリ作品は極めて稚拙な合成写真だ。満月の背景に雲が写るはずがなく、富士山頂の高さにある月は赤くならない」と憤る。

 東京都内の画商で、趣味の写真ではパール富士が一番の撮影対象だという本庄俊男さん(79)も「撮影できる場所には毎回、大勢が集まる。申告の日時に写真の構図はなかった」と断言。別の写真愛好家の男性(63)が天体の軌道を調べるアプリで調べると、申告された時間の月は富士山と逆の方角にあったという。

 コンテストには全国から642…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら