[PR]

 セブン―イレブン・ジャパンは4日、7月1日から全約2万1千店でレジ袋を有料化し、サイズによって1枚税抜き3~5円にすると発表した。同日からプラスチック製レジ袋の有料化が義務づけられることに伴う対応だ。ほかの大手のファミリーマートやローソンも1枚3円とし、マイバッグの利用を呼びかける。

 セブンは5種類のうち、大中小と弁当用の4サイズを3円に、特大のみ5円にする。収益金は地域の環境保全活動などに活用するとしている。ファミリーマートはサイズを7種類から4種類に減らして一律3円にするほか、ローソンは3種類を一律3円にする。

 レジ袋は7月1日から、プラごみの削減をめざしてすべての小売店を対象に有料が義務化される。流通大手のイオングループや、ドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングスなどは、4月から前倒しして有料化している。

 これ以前にも、すでに大手スーパーなどではレジ袋の有料化が広がっていたが、気軽に立ち寄るコンビニでは有料化はそぐわないなどとして、各社が無料での配布を続けていた。(中島嘉克)