[PR]

ごはんラボ イワシのパン粉焼き

拡大する写真・図版イワシのパン粉焼き=合田昌弘撮影

 脂がのったイワシが鮮魚売り場でキラキラ輝いています。一時は漁獲量が減り「今や高級魚」と報じられましたが、今年は豊漁で価格も手ごろです。

 パン粉焼きは、イタリアでは耐熱皿に丸のままのイワシを並べて焼くオーブン料理だそうです。今回は、フライパンで作る方法を紹介します。

 パン粉は焦げやすいので、ごく弱い火でじっくり焼きます。と言っても、両面でほんの5分ほど。パン粉に混ぜたニンニクが香ばしく、カリッとします。パン粉は生タイプより、乾燥タイプがおすすめ。片面は衣をつけずに焼くことで、イワシの新鮮な味わいも楽しめます。

 魚をおろすのはハードルが高いという人は、調理を頼める売り場で「三枚おろしに」とお願いしてください。三枚おろしは、背骨を挟んだ両側の身と背骨の計3枚に分ける方法で、使うのは骨以外の2枚です。

 衣に使った卵の残りは捨ててしまわずにトマトと焼き、付け合わせにします。(栗田優美)

イワシのパン粉焼き

材料(2人前) 料理監修:有馬邦明(イタリア料理パッソアパッソ)

□ イワシ 中サイズ2匹分(三枚におろした身を4枚)

□ 卵 1個

□ パン粉 50g

□ ニンニクすりおりし 1/4かけ分

□ 砂糖

□ 塩

□ 小麦粉 大さじ1

□ オリーブ油 大さじ2

□ トマト 1/4個

□ バター 5g

【作り方】

①ボウルにパン粉、ニンニクを入れ混ぜる。キッチンペーパーに身側を上にしてイワシを並べ、砂糖、塩の順に各ひとつまみを振る。

拡大する写真・図版先に塩を振ると、魚から水分が出てしまう。砂糖にはこれを防ぐのに加え、塩の味を際立たせる効果もある

②イワシの皮側に衣をつける。小…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら