[PR]

 精子が成熟するための鍵になるたんぱく質を、大阪大学などのチームが見つけた。このたんぱく質が、精巣につながる「精巣上体」を刺激することで、成熟できる環境が作られていた。将来的には男性不妊の診断や、不妊治療などへの応用が考えられる。論文を5日付の米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。

 精子は、精巣にある管の内側で作られるが、作られたばかりの時は受精能力を持たない。管を通って精巣上体に送られ、2週間ほどかけて成熟し、受精する能力を得る。これまで、成熟の詳しいしくみは分かっていなかった。

 チームは、マウスの精巣で働く遺伝子を調べ、思春期に当たる生後14日ごろからよく働くといった条件から、精子を成熟させることに関係する、精子のもとの精細胞で作られるたんぱく質「NELL2」を見いだした。

 NELL2が精巣上体に運ばれ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら