[PR]

 埼玉県は、新型コロナウイルスに感染して医療機関に入院していた県内在住の70代男性が3日に死亡したと、4日発表した。県によると、男性は基礎疾患があったという。県内の死者は計50人となった。また、感染した後にいったん陰性となった県内在住の60代女性1人が再び陽性になったと発表した。県内で確認された感染者は中国・武漢市からの帰国者4人を含め、延べ1014人になった。

 県によると、60代女性の家族が発症したため、PCR検査をしたところ、再び陽性が確認されたという。

 また、県は、3日に発表した感染者2人は、朝霞市の20代の接客業女性と、幸手市の20代会社員男性だったと発表した。