[PR]

 新型コロナウイルスの影響で第102回全国高校野球選手権大会と岐阜大会が中止されたことを受け、県高校野球連盟は4日、県独自の大会を開催すると発表した。国の緊急事態宣言が解除され、学校も再開されていることなどから、開催できると判断した。全国高校軟式野球選手権大会が中止された軟式についても、県独自の大会を開く。

 この日、大垣市で開いた臨時理事会・評議員会で決定した。大会名は「2020夏季 岐阜県高等学校野球大会」とし、県高野連が主催。日本高野連と朝日新聞社、県教育委員会などが後援する。

 開幕は7月11日。夏休みが短縮されていることから、試合は土日祝日に実施。県内8球場を使用する。参加校の移動を抑えるため、県内を4地区5会場に分け、1、2回戦は地区ごとに実施する。準決勝は8月1日に土岐市総合公園野球場で、決勝は2日に長良川球場で予定している。

 抽選会は6月27日に関市であ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら