[PR]

 徳島県三好市の企業、団体でつくる「イケダ湖利用促進会」はウォータースポーツクラブ「HESSOKKO CLUB」を発足し、会員の募集を始めた。7日には会員を対象にした初のラフティングやSUP、バナナボートの体験会を同市池田町の池田湖で開く。

 同市では2017、18年にラフティングとウェイクボードの世界選手権が相次いで開かれた。促進会は昨年設立し、8月に体験会「ウォータースポーツチャレンジ」を開いた。クラブはもっと広くウォータースポーツに親しんでもらうのが目的。当初は4月の発足を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で、池田湖水際公園が閉鎖されたため遅らせた。

 毎月第1、3日曜日に池田湖で体験会を開く。初回の7日は定員(12人)に達したが、近く今月21日開催分の参加者を募集する。体験会で興味を持った小中高校生はラフティングの女子中高生チーム「トラクト」や、ウェイクボードの小中学生チーム「イケダコイレブン」に加入できる。

 高校生以上の会員は、ラフティ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら