[PR]

 新型コロナウイルスのPCR検査で、検体の採取時の飛沫(ひまつ)感染などを防ぐ装備を付けたワゴン車を豊田合成(愛知県清須市)がつくり、4日に名古屋大病院(名古屋市昭和区)に贈った。1時間に20人程度の採取ができるという。

 後部の扉を開けて使う。透明な仕切りに付けたゴムの手袋を使い、車外の人の鼻に特殊な綿棒を入れて検体を採取する。移動できるため、場所を選ばず検体採取ができることが強みだ。

 名大の松尾清一総長は「『第2波』のリスクもある。今のうちにしっかり対応できるようにしておきたい」、小寺泰弘病院長は「当院への貢献を、社会貢献に変えるという重い責任を負った。車を有効活用していきたい」と話した。(木村俊介)