[PR]

 磐田市竜洋昆虫自然観察公園の職員で、「こんちゅうクン」として知られる北野伸雄さん(34)の2冊目の本「いちばん虫ずかん」の販売が、「ムシの日」の6月4日、始まった。105種類の昆虫の「ナンバー1なところ」を紹介している。

 「どんな虫にも1番はあるはず。身近な昆虫に興味を持ってもらい、自分自身の1番も見つけて欲しい」との思いから虫のナンバー1を集めた。大きさや重さなど一般的な切り口のものから、独自の視点でその昆虫の良い点に焦点を当てている。

 例えば、「いちばん電車好きな子どもに好かれそうな虫」は、見た目が新幹線に似ているという理由で蚕の幼虫。「サッカーがうまそうな虫」はマダラカマドウマ。「ディエゴ・マラドーナと間違って言っちゃいそうだから」(北野さん)

 同公園内の売店や全国の書店などで購入できる。四六判でオールカラーの176ページ。税込み1430円。(須田世紀)