[PR]

 奈良市は4日、匿名の男性が市新型コロナ対策支援寄付金に現金3千万円を寄付したと発表した。同日午後5時ごろ、年配の男性が市役所総務課に来訪。「渡しましたよ」と女性職員に白いポリ袋を手渡した。男性はすぐに立ち去り、職員が後を追ったが、姿は見当たらなかったという。

 袋の中身を確認すると、1千万円ずつ3束があり、寄付金の使い道として「貧困家庭の支援」「教育環境の改善」「医療体制の充実」の紙がそれぞれの束に貼られていたという。

 仲川げん市長は「ご厚意を大切にして、活用させていただきます」とコメントした。(米田千佐子)