[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外食チェーンが縮小や時短を強いられている。居酒屋の閉店が相次ぎ、ファミレスは深夜営業の見直しを加速させている。業態を変える動きも出てきた。そこまでしなければならない理由とは。

拡大する写真・図版ワタミが営む居酒屋「ミライザカ」の看板

 「複数の店を構えるチェーン店は固定費がかさんでおり、苦しんでいる」。飲食店向けの物件を首都圏で扱う不動産関係者は、そう指摘する。

 緊急事態宣言の解除に伴って営業を再開しても、客足が戻らなければ、家賃の支払いなどをまかなえないからだ。

 実際、業績の悪化した居酒屋チェーンでは閉店が相次ぐ。

 大手のワタミは「和民」や「ミ…

この記事は有料会員記事です。残り996文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り996文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り996文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら