[PR]

 朝日新聞社が人工知能(AI)でネットのトレンドを分析し、取材記者が現場を追う「みつけーたのトレンド先読み」。今回は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言で自宅で過ごす時間が増えた5月の商品を取り上げます。

トレンド上位にエナジードリンク

拡大する写真・図版商品サイトと朝日新聞記事をもとにAI記者「みつけーた」を稼働させ、分析した5月の主な飲料のトレンド

 AI経済記者「みつけーた」を稼働させ、ウェブの商品サイトや朝日新聞東京本社発行最終版の全記事を連日読み込み、取り上げられた頻度を0~100までの数値で分析。このうち、主な飲料の5月のトレンドを探ると、長引く外出自粛生活の中で「エナジードリンク」が注目されていることがわかりました。エナジードリンクは、成分にカフェインやアルギニンを多く含む清涼飲料。飲料各社に尋ねると、市場が拡大を続ける中で新商品が次々と発売されていました。

拡大する写真・図版サントリー食品インターナショナルの「ZONe」。500ミリリットルで希望小売価格は税抜き190円=同社提供

 5月、サントリー食品インターナショナルが売り出したエナジードリンク「ZONe(ゾーン)」がネット上で話題になりました。「超没入エナジー」と銘打ち、ゲームなどでパソコン画面を長時間眺めても、集中力を維持する効果があるとうたっています。従来のエナジードリンクの量は、一気に飲み干せる200~300ミリリットル程度が主流だったのに対し、500ミリリットルにして長時間かけて飲めるようにしました。

 「#一番速くフリック入力でき…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら